白河市は、古代より歌枕として名高い「白河の関」をはじめ、日本最古の公園といわれる「南湖公園」、日本100名城の1つに数えられる「小峰城」を有し、歴史や文化、豊かな自然に恵まれています。

白河市には、白河地域(旧白河市)、表郷地域(旧表郷村)、大信地域(旧大信村)、東地域(旧東村)の地域名称があります。今回、募集するのは、白河地域の『地域おこし協力隊員』です。

旧脇本陣柳屋旅館建造物群蔵座敷」

蔵座敷の写真
江戸時代、本町には約50軒の旅籠が軒を連ね、大名や幕府の役人が宿泊する本陣、脇本陣が置かれていました。

この蔵座敷は、旅籠町として栄えた本町の面影を今に伝える重厚で趣きのある歴史的な建造物です。 文化元年(1804)の建築で、明治14年(1881)、明治天皇が東北・北海道を巡幸した際に、ここを休憩所(往路)・宿泊所(復路)として利用しました。内部には、違い棚、床の間、付書院などを備えた書院造の座敷があり、つるべ井戸(明治天皇が使用)も残されています。

また、戊辰戦争白河口の戦いでは、慶応4年(1868)閏4月29日、斎藤一(山口二郎)率いる新選組隊士が柳屋に滞在し陣を休めたと記録されています。

制度名 地域おこし協力隊
業務概要 白河市では、元気で、地域の課題を解決してくれる、行動力のある『地域おこし協力隊員』を募集します。
歴史的資源である蔵座敷を利用したイベントなどを企画及び運営を通して、市民をはじめ、市外から訪問される観光客の方々等、多くの人々と交流し、白河市の歴史を感じてもらうための取り組みをしていただきます。

旧脇本陣柳屋旅館建造物群「蔵屋敷」を活用したイベントの企画及び運営

  • 蔵座敷と周辺の歴史的資源を活かした見学メニューの企画
  • 地元企業と連携した貸館形態の提案
  • 蔵座敷を含む地元資源を活用し、地元住民と連携した賑わい創出の企画

※その他、次のような活動があります。
・市が主催する行事への参加
・地域が主催する行事への協力
・活動情報等の発信(ブログ、ツイッター、フェイスブックなど)

募集対象 下記の1~7全ての要件を満たす方

  1. 地域資源の探求に関心があり、積極的な情報発信をしながら地域活性化に取り組んでいただける方
  2. パソコンの基本ソフトの操作スキル(ワード、エクセル、パワーポイントなど)と、インターネットの知識(ブログ、SNSなど)を有し、活用できる方
  3. 応募時点で、政令指定都市、三大都市圏及び都市地域その他諸条件を満たす地域(注)に在住し、活動期間中、白河市へ住民票を異動させて生活拠点を移すことができる方
    または、白河市以外の同一自治体で2年以上地域おこし協力隊として活動経験があり、退任から1年以内の方
  4. 心身ともに健康で、誠実に職務を行うことができる方
  5. 任期終了後も、白河市に就業・起業しようとする意欲を持ち、地域と協調して積極的に交流できる方
  6. 普通自動車運転免許を有する方
  7. 市の条例及び規則等その他関係法令を遵守し、職務命令等に従うことができる方

注 諸条件については応募者の現在のお住まいの地域を詳しく知る必要があるため、別途、お問い合わせください。

募集人数 1名
勤務地 白河市役所 まちづくり推進課、又は、旧脇本陣柳屋旅館建造物群「蔵屋敷」
勤務時間
  1. 勤務日数:原則週5日 (月曜日から金曜日)
  2. 勤務時間:原則8時30分~17時15分(休憩1時間 1日7時間45分)

※夜間及び休日等の勤務は、週勤務時間内で調整します。

雇用形態・期間
  1. 地方公務員法第17条による一般職非常勤の嘱託職員として採用します。
  2. 委嘱の期間は委嘱の日から年度末まで

※地域おこし協力隊は複数年(最長3年)活動できますが、委嘱は年度単位となります。
※令和2年4月1日以降は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律に基づき、会計年度任用職員に移行予定です。

給与・賃金等 月額 172,500円
※その他、賞与、退職手当、扶養手当及び通勤手当は支給しません。
※令和2年4月1日以降は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律に基づき、会計年度任用職員に移行予定です。会計年度任用職員に移行した場合、労働条件、福利厚生の内容に変更が生じる場合があります。
待遇・福利厚生
  1. 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険に加入します。
  2. 家賃補助、活動に必要な消耗品等は予算の範囲内で支給します。
  3. 活動中は、定期的にミーティングを行い、担当者が随時、隊員の活動をフォローしますので、安心して活動に取り組むことができます。
  4. 定住や起業に向けて、相談に応じて準備もできます。ご相談ください。

※令和2年4月1日以降は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律に基づき、会計年度任用職員に移行予定です。会計年度任用職員は、地方公務員法上の服務に関する規程が適用されます。会計年度任用職員に移行した場合、労働条件、福利厚生の内容に変更が生じる場合があります。あらかじめご了承ください。

申込受付期間 随時受付中
審査方法
  1. 第1次選考
    応募用紙等を基に書類選考を行います。選考結果は、応募者全員に通知します。
  2. 第2次選考
    面接を行い、隊員を決定します。(面接の日時及び場所等は、第1次選考結果と合わせて通知します。)面接後、合否結果を通知します。
  3. その他
    面接に要した交通費の一部を市で補助します。詳細はお問い合わせください。

◎提出書類
① 白河市地域おこし協力隊応募申請書(第1号様式)
② 職務経歴書
③ 作文(400字詰め原稿用紙2枚800字)
  テーマ(下記により選択)
 a.あなたが住みたいまち(応募者の理想のまち)
 b.あなたが考える地域おこし(やってみたい活動・取り組みなど)
④ 住民票の抄本(個人票)
⑤ 普通自動車運転免許証の写し
※提出いただいた書類は返却しません。
※封筒に「地域おこし協力隊応募」と朱書きください。

参考URL http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/
備考  
お問い合わせ先 〒961-8602  
 福島県白河市八幡小路7番地1
 白河市役所企画政策課企画政策係
 電話:0248-22-1111
 メールアドレス:kikaku@city.shirakawa.fukushima.jp