観光・移住促進 の記事一覧

続きを読む

2020.09.08

【葛尾村】復興支援員2名募集!!地域の復興再生と新たなむらづくりに挑戦する仲間を…

 葛尾村(かつらおむら)は原発事故に伴い一時「誰もいない村」になりましたが、現在約300人が村に戻り、約100人の新たな転入者と共に四季の豊かな環境の中で暮らしています。  しかし、住民の帰還は一部帰還困難区域を除き3割…

続きを読む

2020.09.02

【二本松市】あだたら高原「岳温泉」応援!!隊員2名募集中!

日本百名山「安達太良山」の麓である、岳温泉では、あだたら高原のブランディングやコミュニティ開発のお手伝いをしていただける地域おこし協力隊を募集します。 岳温泉らしいグッズ(お土産品)や特産品を使った嗜好品の開発と販売促進…

続きを読む

2020.08.26

【国見町】☆1名募集☆あなたのアイディアを実践に!心和やかな自然に囲まれた国見町…

 国見町は福島県の中央北部、宮城県との県境に位置する人口約9,000人の小さな町です。 水田、樹園地、川、森林などのあらゆる自然に恵まれ、日常の暮らしの中に心和む自然があります。盆地特有の肥沃な大地と農家の技術は豊かな農…

続きを読む

2020.08.01

【天栄村】地域おこし協力隊を募集しています(農林振興・商工観光PR活動部門)

村の主要産業でもある農業(稲作や野菜等)の振興や、観光業(温泉やアクティビティ等)の振興、商工業(加工品等製造等)の振興、それぞれの維持継承と更なる発展の為、村内外及び首都圏等における各種イベント等に積極的に出向き、情報…

続きを読む

2020.08.01

【北塩原村】地域おこし協力隊(移住定住推進)1名募集!移住定住や空き家バンクの情…

 福島県北塩原村は、その面積の多くが磐梯朝日国立公園に属し、四季を通じてアウトドアスポーツや風光明媚な景色が広がり、人々を魅了しています。  また、会津ならではの農村景観もあり、穏やかな景観は来訪者を癒し続けています。 …

続きを読む

2020.08.01

【北塩原村】地域おこし協力隊(観光交流推進)1名募集!訪日外国人に喜んでもらえる…

 福島県北塩原村は、その面積の多くが磐梯朝日国立公園に属し、四季を通じてアウトドアスポーツや風光明媚な景色が広がり、人々を魅了しています。  また、会津ならではの農村景観もあり、穏やかな景観は来訪者を癒し続けています。 …

続きを読む

2020.07.21

【湯川村】湯川村地域おこし協力隊(文化振興)を募集します!

湯川村は会津盆地の中心に位置していることから“会津盆地のへそ”とも言われ、鶴ヶ城や白虎隊等で有名な会津若松市と喜多方ラーメンで有名な喜多方市の間に位置している小さな村です。 村の人口は約3,000 人で村の面積は16.3…

富岡町の風景写真
続きを読む

2020.07.20

【福島県/富岡町】ゼロからの再生・復興へ!新しいツーリズムを生み出す!【起業型地…

 東日本大震災から1年後に発表したこの「ふくしま宣言」を実現するため、福島県では、復興・創生に向けた取組が現在もなお続けられています。  東日本大震災に加え、原子力災害により未曾有の被害を受けた福島県が、「美しいふるさと…

続きを読む

2020.07.02

【会津美里町】たびを育てる仕事(グリーンクラフトツーリズム)募集再開!

募集の再開について 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、令和2年度地域おこし協力隊の募集を休止しておりましたが、選考方法等を見直し、募集を再開する事としました。 本募集について東京等での説明会は実施しませんが、Zoomを使…

夏の尾瀬風景写真
続きを読む

2020.04.13

【檜枝岐村】日本一人口密度が少ない村を、一緒に元気にしてくれる隊員を募集します!…

 檜枝岐村は福島県の西南端に位置し、面積の約98%を森林が占める自然豊かな村。 人口(令和元年11月1日現在)は551人で、村民みんなが顔見知りの小さな村です。 尾瀬国立公園、燧ケ岳、会津駒ケ岳へのアクセス拠点となってい…