【開催報告】ふふふカフェ『ふくしまで暮らし、地域を興す人になる vol.2』(2018年12月19日)

全体写真の画像

2018年12月19日(水)に、ふふふカフェ『ふくしまで暮らし、地域を興す人になる vol.2』を東京(大手町)で開催いたしました。
このイベントは、福島県内各地の地域での活動内容や都市部と地方での暮らし方など、「ふくしまの今」を知る機会を設けるため福島県主催により行われました。

今回は、ワークショップとサロンの2部構成で開催しました。ワークショップでは、現役の地域おこし協力隊が講師となり、料理を参加者の皆さんと楽しく作りました。

オープニング

今回参加の市町村紹介を行いました。
参加した自治体は、下記のとおりです。
郡山市/須賀川市/二本松市/南相馬市/猪苗代町/湯川村/金山町/矢祭町/玉川村/福島県

全体写真

ワークショップ

計6名の方にご参加いただきました。
講師は、地域おこし協力隊の樋口陽子さん・地域おこし協力隊OGの荻野郁恵さんが担当しました。
「バーニャカウダディップ」「カナッペ」を作り、試食しながら協力隊の活動内容を聞いていただいたり、質問・疑問にお答えしました。

サロンの様子画像

サロン

各自治体ブース・地域おこし協力隊ブースを設置し、来場者のみなさんからの質問・疑問にお答えいたしました。
「地域おこし協力隊になったときの生活の様子などを直接協力隊の方々から聞けてよかった」と来場者の方に喜んでいただきました。

自治体との相談画像 協力隊との相談の様子画像
塙町ダリアの画像情報・展示コーナーの画像

来場者アンケートより

  • 協力隊のOGの方や現役の方にお話しを聞けたことが嬉しかった!
  • 初参加でしたが、何となくイメージがつかめました。
    決断するには、もう2・3回説明を聞く必要があるなと思いました。
  • 教育×地域でやりたい仕事がないか探していましたが、面白い話を聞くことができました!!