三島町では『雪国の暮らしに息づく生活工芸の町「桐の里 三島町」』で活動をする地域おこし協力隊を募集しています。(詳しい募集情報はこちら

2022年1月27日(木)開催の合同募集説明会では採用窓口の担当者が募集内容について詳しくご説明します。みなさまのお越しをお待ちしています!

業務内容

◆桐たんす職人育成

桐の栽培育成、桐製品作りの技術習得、開発及び販売、情報発信、桐振興等に関する活動

◆農業法人育成

水稲生産、園芸作物等の高収益作物の生産・販売、特産品の開発及び販売、情報発信、農業振興等を通じて地域が元気になる活動

◆林業及び鳥獣専門員

桐栽培育成管理及び技術習得、桐振興等に関する活動と鳥獣被害対策(被害調査、被害防除、捕獲、追い払い、広報活動など)、猟政・林政事業等に関する活動

担当者からみた活動の魅力

 三島町 地域政策課 大竹さん

◆桐たんす職人育成

あなたの身近には機械で大量生産されていないモノがいくつありますか?桐たんすで作られるモノはすべて、職人の技術と想いが込められた唯一無二のもの。世界でたった一つのモノを形にできることが最大の魅力です。はじめは小さなモノからステップアップして、経験をつめば一つ数百万円の桐たんすを作り上げる職人の技術が身に付きます。また、バイヤーとの商談会への参加や、新商品の開発も可能です。

また、三島町は編み組細工が有名で、町内には多種多様な工人が住んでおり、工人同士で交流が盛んです。卒隊後は桐たんす工場で熟練の職人を目指す道や、技術を身に着け、将来的には木工職人として独立することも可能です。

◆農業法人育成

山間部の農業は平地とは異なり、不利な条件が多いのが現実ですが、土壌分析や高収益作物の生産など、工夫をこらした農業に取り組んでいます。小規模だからこそ機動力を生かして、農業生産だけでなく販売や研究、また特産品の企画、開発、販売など広く経験することができます。首都圏での商談会もあるため、企業のバイヤーとの商談もあります。農業法人に就職した先輩隊員もおり、隊卒後も継続して雇用が可能です。

また、町内では新規にカスミソウ栽培や養蜂をはじめた方もおり、多様な助成制度を活用して、自分の興味のある作物で新規就農することも可能です。

◆林業及び鳥獣専門員

奥会津の桐は品質が高く、かつては1本数百万円で取引されていたこともありました。近年では輸入材により価格が下落していますが、今でも桐は町のシンボルとして重要な木です。町では森林資源を地域経済に循環させる仕組みの実現を重点的に実施しているため、林業がこれからの町の柱となります。隊卒後は、桐の専門員としての雇用が可能です。

こんな人と出会いたい!

経験や知識はなくても、粘り強く活動してくれる方大歓迎です。まずは、地域の暮らしと人に慣れ、少しずつ活動の範囲を広げてください。

募集情報

合同募集説明会の開催概要

■日 時:令和4年1月27日(木)17:00~20:30
■場 所:アーツ千代田3331 コミュニティスペース&ラウンジ
    (所在地:東京都千代田区外神田6-11-14)
■参加費:無料
■参加方法:事前予約制(申込方法はこちらをご確認ください)
■主 催:福島県
■受託者:一般社団法人ふくしま連携復興センター