福島県奥会津地域は、県の西部を流れる伊南川・只見川流域の7町村(柳津町・三島町・金山町・昭和村・只見町・南会津町(南郷・伊南・舘岩地区)・檜枝岐村)の地域名称です。
 江戸時代には宿場町としての重要性とその豊かさから幕府直轄地(天領)として、長い時間をかけて豊かな文化を育んできました。
 戦後は伊南川・只見川などの水量豊かな河川が多いことから、水力発電所等が多く立地し、戦後復興を支えました。


 そんな奥会津地域も人口減少や高齢化の進行に加え、新型コロナウイルス感染症の影響等により、観光客や農産物の売り上げの減少など、厳しい状況が続いています。
 このため、奥会津振興センターでは奥会津地域の豊かな自然、おいしい食べ物、地域の暮らしに息づく固有の伝統・文化などを再び掘り起こし、その素晴らしさを活用した新たな体験・交流型の観光コンテンツを創りあげること(体験交流プログラム事業)②そのコンテンツなどに関係する文化的背景などをとりまとめデジタル化し、わかりやすい形に可視化すること(デジタルアーカイブ事業)③高校生など若い世代に地域のコンテンツを活かし活躍する人々の仕事や生活を紹介すること(キャリア教育プログラム)を通じて、地域の振興を目指すこととしました。(※)
※ 体験・交流型の観光コンテンツの例は次のウェブサイトを参照ください。
https://okuaizu.info/ (「せど森の宴」)

 今回、上記3つの業務について、奥会津振興センターのスタッフと一緒に取り組んでいただける仲間(バディ)を「福島県奥会津地域おこし協力隊」として、募集します。


 地方の文化に興味がある人、元気がある人、周りの方のお節介を楽しめる方(基本的にお節介な人が多い地域です。)

制度名 地域おこし協力隊
業務概要

奥会津地域おこし協力隊として、奥会津振興センターのメンバーと一緒に以下の活動を行います。
なお、業務に伴う書類の作成や連絡調整に当たってはパソコンやスマートフォンを使用し、移動に当たっては、自ら乗用車を運転する機会も多くなります。

ア 活動内容 (①~③すべての内容が関連するため、活動内容は基本的に①~③すべてとなります。当面活動いただいた後、最も適正がありそうな分野で重点的に活動いただくことも想定しています。また、各事業についてSNS等での情報発信も行っていただきます。)

① 「体験プログラム交流事業」(地域づくりとしての広域観光推進)
まだまだたくさん地域に眠っている資源を掘り起こし、体験プログラムとして地域内外の方々に提供を行うものです。

② 「デジタルアーカイブ事業」
上記コンテンツに関わる文化的・学術的背景について取りまとめデジタル化し、分かりやすい形に可視化を行う事業です。

③ 「キャリア教育プログラム」
地域の資源を活かし、地域で活躍している人々を、高校生など地元の方々に改めて紹介することにより、地域の魅力を感じてもらい、地域に誇りを感じてもらう事業です。

イ 期待する成果
・集落(地域経済)の活性化
・地域経済、人の循環
・地域人材の育成

募集対象

ア 自然豊かな奥会津地域の活性化に興味がある方
イ 地方の文化に興味がある方
ウ 元気があり、周りの方のお節介を楽しめる方
エ 3大都市圏内の都市地域(※1)又は地方都市(条件不利地域(※2)を除く)に居住する者(※3)で、採用後、勤務地に住民登録し、生活の拠点を移すことが可能な方

※1 「3大都市圏」とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域の全部
※2 条件不利地域とは、次の①~⑦のいずれかに該当する地域とする。
①過疎地域自立促進特別措置法、②山村振興法、③離島振興法、④半島振興法、⑤奄美群島振興開発特別措置法、⑥小笠原諸島振興開発特別措置法、⑦沖縄振興特別措置法に指定された地域。
※3 次のいずれかに該当する者は、居住地要件の例外として扱う。
・これまで地域おこし協力隊として2年以上活動し、かつ、解嘱から1年以内である者
・語学指導等を行う外国青年招致事業(「JETプログラム」)を終了した者で、JETプログラム参加者として2年以上活動し、かつ、JETプログラムを終了した日から1年以内である者

詳しくは、総務省地域おこし協力隊のページをご覧ください。
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/02gyosei08_03000066.html

オ 普通自動車免許を有し、県内及び近隣県への運転業務に支障がない方
※福島県内での生活や移動手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車の持ち込みをお勧めします。(自家用車を所有していない方は、御相談ください。 採用内定後、自動車探しなどお手伝いいたします。)
カ ワード、エクセル、パワーポイントなどパソコンの基本的な操作、ホームページやSNSによる情報発信(テキスト作成・写真撮影を含む)ができる方

※ 積雪が多い地域ですので冬期間はスタッドレスタイヤでの走行が必要となります。
※ あまり知られていない野趣あふれる温泉もたくさんあり、雪崩によって山肌が削られた「雪食地形」の山々など、自然豊かな地域です。自然が好きな方に特におすすめです。

募集人数 2~3名程度
勤務地 奥会津振興センター
(福島県大沼郡金山町大字中川字上居平 933 番 東北電力奥会津水力館「みお里」内)
勤務時間

勤務日:月17日
土、日、祝日及び12月29日から翌年1月3日までは休日となります。
また、休日出勤の場合は休日を振り替えます。
勤務時間:午前8時30分から午後5時15分まで
1日につき7時間45分を超えない範囲において、1週間につき29時間以内で始業時刻及び終業時刻を別途割り振ります。また、休憩は1時間とします。

雇用形態・期間 県の会計年度任用職員※1として、奥会津振興センター※2に勤務することになります。なお、地域おこし協力隊は複数年(最長3年)活動できますが、委嘱は年度単位となります。
※1 会計年度任用職員は、地方公務員法上の服務に関する規程が適用されます。
※2 奥会津振興センターとは
県と奥会津の町村が連携し、広域的に観光交流や移住・定住の推進、農商工連
携による地域産業の確立など、奥会津地域の活性化のための事業を行う団体です。
給与・賃金等 報酬日額 9,640円(月額換算:163,880円)(※)
※勤務2年目以降に継続して任用される場合、報酬日額は増額となります。
待遇・福利厚生 ・勤務期間に応じて賞与を支給します。
・上記報酬額に加え、通勤手当相当額(月2,600円を限度)を加算します。
・年次有給休暇・夏季休暇等があります。
・健康保険、厚生年金保険、雇用保険に加入します。
・住居は、奥会津振興センターが借り上げる予定です。
・引っ越しについては、最大で117,800円の補助を行います。
申込受付期間 令和3年3月1日(月曜日)~3月26日(金曜日)
※一定数の応募があった場合は、その都度選考を実施します。選考の結果、採用候補者が決定した場合は、その時点で募集を終了します。
審査方法 1 応募方法
採用を希望される方は、下記「参考URL」の募集要項又は地域振興課ホームページより必要書類をダウンロードの上、直接持参、又は郵送によりお申し込みください。
直接持参の場合の受付は、期間内の土曜日、日曜日及び祝日を除く日の午前8時30分から午後5時15分まで。郵送の場合は、応募期間最終日必着。

2 書類選考
履歴書等やレポートによる選考を行います。
結果は、履歴書に記載された現住所(別途連絡先の記載がある場合は当該連絡先)へ郵送により本人宛て書面でお知らせします。
なお、書類選考の合格者に対しては、併せて電話等により連絡しますので、連絡が取れる電話番号、メールアドレスを履歴書に必ず記載願います。

3 面  接
書類選考の合格者に対し、面接を実施します。
日時、場所等については、前記アの書類選考の結果通知に併せてお知らせします。

4 採  否
面接から2週間程度を目安に、履歴書に記載された現住所(別途連絡先の記載がある場合は当該連絡先)へ郵送により本人宛て書面でお知らせします。

5 着  任
令和3年3月以降(※)
※最も早い場合であり、個別の事情に応じて対応します。

参考URL https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11025b/okuaizutai.html
TURNSの掲載記事はこちら▶https://turns.jp/44456
備考 副業について
協力隊員としての勤務時間外には所属長が認める範囲において、副業や起業するための活動に従事することができます。(例:収穫のお手伝い、ゲストハウスのお手伝いなど)
お問い合わせ先 福島県企画調整部地域振興課(担当:高橋・山田)
福島市杉妻町2-16 (本庁舎5階)
電話:024-521-7114
E-mail:tiikishinkou@pref.fukushima.lg.jp
【郵送の場合】
〒960-8670 福島県企画調整部地域振興課 宛て(住所不要)