昭和村では、観光を「地域づくりのための手段(ツール)」と位置づけ、地域資源の活用や関係人口・交流人口の拡大などを目指した取り組みを行っています。
 今回、旅行業務取扱管理者の資格があり、旅行業界での実務経験を活かしながら、観光を通じた地域おこしに取り組んでみたいという意欲をお持ちの方を募集します。

制度名 地域おこし協力隊
業務概要 村が任命する「地域おこし協力隊」として、一般社団法人昭和村観光協会において、事務局長の指示のもと、以下のような業務に従事していただきます。

  1. 観光PR事業
    SNS等での情報発信、特産品等の物販、観光案内等
  2. 旅行業
    地域資源を活用し、昭和村の魅力を体験してもらうためのツアーの企画・実施
  3. イベント事業
    観光協会が主体となるイベントの企画・運営
  4. 村が実施する観光・交流事業への協力
募集対象
  1. 概ね20歳以上の若者で、心身ともに健康な方
  2. 三大都市圏をはじめとする都市地域等に在籍し、採用決定後は昭和村に住民登録し、生活拠点を移すことができる方。
  3. 旅行業務取扱管理者(総合、国内、地域限定のいずれか)の資格を有する方
  4. 普通自動車運転免許を有する方
  5. パソコン操作(ワープロ、表計算ソフト、Web、電子メール等)ができる方
  6. 田舎暮らしを楽しみながら、地域住民と協力した活動に取り組める方
募集人数 1名
勤務地 福島県大沼郡昭和村大字喰丸字宮前1374番地(交流・観光拠点施設「喰丸小」内)
勤務時間 原則として、週5日の勤務とし、労働時間の目安を週40時間とします。
雇用形態・期間 昭和村フルタイム会計年度任用職員(地域おこし協力隊)として雇用いたします。
雇用期間は着任した日から1年間ですが、業務の取り組み状況などに応じて最長3年を限度に継続雇用となります。
給与・賃金等 村から、報酬として月額 171,200円が支給されます。
また、村観光協会より資格手当月額 20,000円が支給されます。
その他、昭和村会計年度任用職員の給与及び費用弁償の支給に関する規則に基づき支給されます。
待遇・福利厚生 1.活動期間中に生活する住居は村が用意しますが、生活備品等は準備願います。
2.社会保険、雇用保険、厚生年金に加入し、年次休暇は基準法等関係法令によります。
3.転居にあたり必要な費用は、応募者の負担とします。
4.業務に使用する自動車は、基本的には勤務先の車を使用します。村外出張の場合は、村の規定に基づき旅費(交通費+日当)を支給します。
申込受付期間 令和 3 年 3 ⽉17 ⽇(⽔) 17:00まで。郵送の場合、当⽇消印有効。
審査方法 1次選考:提出書類審査
2次選考:筆記・面接(令和3年2月中の実施を予定しています。)
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては日程を変更する場合があります。
参考URL

昭和村HP

交流・観光拠点施設「喰丸小」Facebookページ

備考  
お問い合わせ先 昭和村産業建設課観光交流係
電話:0241-57-2124
住所:〒968-0212 福島県大沼郡昭和村大字喰丸字宮前1374