【棚倉町】農業女子・農業男子を募集しています!!

 たなぐらまちでは、「地域おこし協力隊」の皆さんの力をお借りし、下記の課題について今後、町おこしを進めてまいりたいと考えております。
 それは、農業従事者の高齢化が問題になっており、まちの産業である農業の担い手がなくなりつつあります。まちの産業をこれからも守っていき、「農業担い手の確保と育成」を図ることです。

棚倉町の風景の写真 
 我がまちは、江戸時代には丹羽長重が棚倉城を築いて以来、戊辰戦争で落城するまでの240年余にわたり棚倉藩十万石の城下町として栄え、今はお堀や大ケヤキが町の歴史を静かに見守り続けています。
 また、全国の小学校等の卒業式で歌われている文部省唱歌「蛍の光」の作詞者である稲垣千穎の生まれた町として顕彰を行っており、「蛍の光」のふるさととして取り組んでいます。

制度名 地域おこし協力隊
業務概要 就農と定住するための活動員

  • 苗作りから出荷までの農業及び 経営研修
  • グリーンツーリズムへの支援及び協力
  • その他集落支援活動(地域イベントコミュニティなど)
募集対象
  • 農業における技術や経営管理地域の関係を身つけたい方。
  • 年齢は問いません。
  • 現在、3大都市圏をはじめとする都市地域等に在住し、棚倉町に住民登録し生活拠点を移すことができる方。
  • 最低でも1年以上の活動が可能な方。(最長3年まで延長可、3 年間の活動ができる方が望ましい)
  • 心身ともに健康で、誠実に職務を行うことができる方。
  • コミュニケーション力・創造力・発信力・連携力・判断力・協調性に優れ、責任感のある方。
  • 普通自動車運転免許証を持っている方。
募集人数 1名程度
勤務地 基本は、棚倉町内を活動の拠点とし、全町エリアでの活動とします。
勤務時間 週35時間程度(状況によって変わります)
雇用形態・期間
  • 隊員として棚倉町長が委嘱
  • 委嘱の日から平成32年3月31日までとし、期間終了時に振り返りミーティングを行い協議により1年毎に延長が可能であり、最長3年間とします。
給与・賃金等 月額166,000円
待遇・福利厚生
  • 住居は町内の住居とし、家賃は町が支援します。ただし、引越しに必要な経費については、各自の負担となります。
  • 活動のための車の借上料を支援します。
  • 活動に必要なガソリン代、通信費、消耗品等は予算の範囲内で支給します。
  • 健康保険や年金は各自加入となります。
申込受付期間 平成31年1月7日(月)~平成31年4月30日(火)必着
審査方法 応募方法
棚倉町「地域おこし協力隊」隊員応募用紙に必要事項を記入し、下記まで送付してくださ
い。
〒963-6192
福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野33番地
棚倉町役場 地域創生課 企画調整係「地域おこし協力隊」担当 宛

選考の流れ
◇第1次選考
・応募用紙をもとに書類審査を行います。審査結果は応募者全員に通知します。
◇第2次選考
・面接審査により、隊員を決定します。詳細な日時・場所は、第1 次選考結果を通知する際にお知らせします。
・棚倉町までの交通費は応募者の負担となります。

参考URL http://www.town.tanagura.fukushima.jp/page/page001225.html
備考 募集に関する質問は、メール・ファックス・郵便で行ってください。
お問い合わせ先 〒963-6192
福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野33番地
棚倉町役場 地域創生課 企画調整係
メールアドレス:chiikisousei@town.tanagura.fukushima.jp
TEL:0247-33-2112
FAX:0247-33-3715