浪江町①

浪江町は、2011年3月11日の東日本大震災と原発事故による全町避難により、一度居住人口がゼロとなりましたが、2017年3月末に帰還困難区域を除く地域で避難指示が解除され、現在では商店や漁港、学校などが再開し、新しいまちづくりが始まっています。
町内には約1,900人が暮らしていて、少しずつ居住者は増えていっています。
しかし、現在町に暮らしている人の数は震災前の10分の1程度。まだまだ少ない状況です。

地域で目指すところ

浪江町では、2035年までに約8,000人の居住人口を目標にしています。
居住者を増やすためには、町を全国に広く周知し、域外からの流入人口を幅広く呼び込むことが必要と考えています。
そのような動きを作り出していただける方として、復興や地域課題の解決に対する意欲の高い方=地域おこし協力隊を志す方々に浪江町に来ていただき、浪江町のキーパーソンのひとりとしての活躍を期待しています。

こんな方を求めています!

行政では実施しにくいけれど、民間の自発的な取組を待っているだけでは解決しない課題が多くあると感じています。
町役場の中で、町の課題と考えることを募集したところ、30以上の課題が挙げられました。
その中の多くは、浪江町の魅力の「発掘・創造・発信」にかかる内容でした。
そこで、町の課題解決をし浪江町の魅力を「見つける・創る・広める」、課題解決型地域おこし協力隊を募集することにしました。
具体的な課題は以下5つですが、浪江町の魅力を「見つける・創る・広める」活動であればそれ以外の活動でもOKです。皆さんのアイディアをどんどん実行していってください!

<具体的な課題>
●SNS等を活用した情報発信 
 町ではSNSを活用して情報発信していますが、移住者としての目線で新しいアイディアがあれば教えてください
●浪江町の自然を活かしたアクティビティをつくる
 震災前は登山や鮎釣りなどアウトドアアクティビティが盛んでしたが、今は…
●浪江町の新銘菓の開発
 震災前は銘菓がたくさんありましたが、全町避難により浪江のお菓子がなくなりつつあります
●商店街のにぎわいづくり
 町では駅前再開発を進めており、駅を中心とした商店街のにぎわい形成のためのアイディアを募集しています
●浪江町の暮らしが見える環境づくり
 移住を考えている人が実際に町に来てくれたときに、浪江町のいいところを伝えたい

浪江②

活動場所について

浪江町の魅力を「見つける・創る・広める」活動をする協力隊の皆さんを『なみえプロモーション課』として、町役場のすぐ近くに事務所を用意しています。
個人で企画して実施することが主ですが、個人の企画でもなみえプロモーション課の仲間に相談したり協力を依頼したりできます。
一人で一つの課題を解決することはとても難しいです。壁にぶつかったり道に迷ったりしたとき、相談できる仲間が近くにいます。

現隊員の活動内容としては、
町公式SNSの発信、観光コンテンツ開発、町マップ制作、ふるさとCM大賞などの動画制作、各種イベント等のチラシ作成、介護予防講座開催、写真展の開催… などなど、様々な活動を通して町の課題解決に取り組んでいます。

●【隊員作成】浪江町地域おこし協力隊のプロモーション動画
 隊員の活動の様子や休日を過ごす様子などを撮影しています。浪江町での生活のイメージにお役立てください。
 活動と休日 ~浪江町地域おこし協力隊~

※浪江町では地域おこし協力隊「大堀相馬焼」「スタディツアー」「なみえプロモーション課」の3事業で隊員が活動しており、この動画では浪江町全体の地域おこし協力隊の活動を撮影しています。

●【ウェブメディア掲載情報】隊員の一人がウェブメディアの取材を受けました
 移住のきっかけや思いなどが記事になっています。
 1-ONE-(ワン)インタビュー記事はこちら http://1-one.jp/documentary/d2206_0026/

卒隊後に向けてこんな支援をします!

協力隊として1年以上活動された方について、任期終了の日前1年または任期終了の日から1年以内に起業する場合は、起業に要する費用の補助制度(上限100万円)があります。
任期終了後、起業を目指す場合は、起業志望者向けセミナーや事業化支援プログラムなど、町が提供する起業に向けた様々なサポートが受けられます。

浪江町③

浪江町ってこんなところ

福島県の沿岸部である浜通りのほぼ中央に位置する浪江町は、東は太平洋に面し、西は阿武隈山系に囲まれ、山も、川も、海もある自然豊かなまち。
東北地方といっても冬はほとんど積雪がなく、夏は涼しくすごしやすい気候。
東京や仙台から電車ならJR常磐線、車なら常磐自動車道一本でアクセスも良好です。

東日本大震災からの復興に向けて、町中で様々なチャレンジが行われています。
世界から注目が集まる先端技術の研究など先進的な取組が進むと同時に、地域課題の解決や町の活性化につながる町民による地域に根差した活動が活発に行われています。
移住者をあたたかく迎えてくれる町民の存在も自慢の一つ。

お知らせ

浪江町では、移住を検討されている方に対して、町内宿泊施設での宿泊費の一部補助制度や、長期でのお試し宿泊の制度があります。
制度をご活用いただきぜひ浪江町へ足をお運びください。
※補助対象者は制度によって異なります。詳細については浪江町ホームページ内「浪江町移住ガイド」をご覧いただくか、お問合せください。

募集要項

制度名  地域おこし協力隊
業務概要

『なみえプロモーション課』メンバーたちと一緒に浪江町の課題解決をし、浪江町の魅力を「見つける・創る・広める」活動を実施します。
●SNS等を活用した情報発信
●浪江町の自然を活かしたアクティビティを作る
●浪江町の新銘菓の開発
●商店街のにぎわい作り
●浪江町の暮らしが見える環境作り
●その他町が必要と認める活動

募集対象

●三大都市圏(※1)内の都市地域、又は地方都市(※2)に居住している方で、採用後、浪江町に住民登録し、生活拠点を移すことが可能な方。地域条件については、応募する前に必ず確認してください。
※1三大都市圏とは・・・埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県内
※2地方都市とは・・・過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村
●浪江町地域おこし協力隊募集要項の趣旨を理解し、浪江町の活性化に強い志を有し、心身ともに健康な方
●普通自動車運転免許を有し、浪江町内、福島県内及び近隣県への運転業務に支障のない方
●ワード、エクセル、パワーポイントの基本的な操作ができる方
●地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

募集人数  5名
勤務地

福島県浪江町 地内

勤務時間

週5日・38時間45分(フルタイム勤務)
午前9時00分から午後5時45分(休憩1時間)の1日7時間45分
休日は水・日・祝日及び12月29日から1月3日まで
※休日出勤があった場合は、勤務日を休日に振替

雇用形態

会計年度任用職員

雇用期間

令和5年4月1日から令和6年3月31日
(年度ごとに更新し、最長3年まで延長可能)

給与・賃金等

・報酬:月額149,300円から186,500円 ※浪江町会計年度任用職員制度に準じて決定
・諸手当:通勤手当、超過勤務手当、期末手当 等

待遇・福利厚生

・加入保険等:健康保険、厚生年金保険、雇用保険
※業務中の事故については、公務災害補償、非常勤公務災害補償又は労災保険で対応
・休暇:年次有給休暇、特別休暇あり
・住居:家賃を活動費の中から支給
・引越し代:支給あり ※上限100,000円
・自動車:活動用自動車あり
・その他:県外からの移住者については12市町村移住支援金が該当になる場合あり

申込受付期間

令和5年2月15日(水)迄(郵送の場合は必着)

審査方法

(1)応募方法
下記提出書類3点を郵送又は電子メールにてお申込みください。郵送の場合は、「特定記録」等により、確実に応募書類の配達を確認できる手段の利用をお勧めします。申込みの際には別途、電話又は電子メールにより連絡してください。採用者側の電子メールによる返信を持って受付となります。
※応募書類の返却はしませんので御了承ください。
<提出書類>
①浪江町地域おこし協力隊エントリーシート
②浪江町会計年度任用職員登録申込書
③市町村税の未納のないことの証明(住民票のある各市町村で発行しているもの)
<申込先>
浪江町役場企画財政課定住推進係
〒979-1592
福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字六反田7-2
(2)書類選考
提出書類により書類選考を行います。結果は郵送により本人宛書面でお知らせします。なお、合格者に対しては、併せて電話連絡します。
(3)面接
書類選考の合格者に対し、面接を実施します。日時、場所等については、書類選考の結果通知に併せてお知らせします。
(4)採否
面接から10日程度を目安に、郵送により本人あて書面でお知らせします。

参考URL https://www.town.namie.fukushima.jp/soshiki/2/31984.html
備考  
お問い合わせ先

浪江町役場企画財政課定住推進係
〒979-1592 福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字六反田7-2
TEL: 0240-23-5764 FAX: 0240-34-4593